読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断酒生活の栞

訪問ありがとうございます^^飲まない幸せ。今日も紡いでいきましょう。断酒にまつわる私の備忘録。

断酒生活へ踏み切るその日

ここにきてくれたあなたへ

 

断酒を始めた頃にずっと心に残っていたブログ記事を再読しました。

どうしてもまた読みたくなってしまって。

1年という節目の日がとても近くに感じたからふと不安になったのだと思います。

記事を再読して胸が締め付けられるような思いを抱いたのは、

誰だって始めた頃の心許なさというものがあるからで、

その頃の自分とリンクしたんだと思います。

断酒は張り切ってというよりも、よわよわしく、それでも必死で始めていいんだと思うのです。

私が断酒を始めて16日目のときに、読んだブログ記事です。

とてもとても、励まされました。多分ひっそり泣いたことを覚えています。

自分より300日以上続いている先輩でも、そんな最初があったのだと。

ぎりぎりでもいつの日か軌道に乗ってくる日がくるのだと。。

 

今回ご紹介していいとの許可を戴きましたので、リンクを張らせてもらいます。

始めてない人も

始めたばかりの人も

軌道に乗っている人も

1人でも多くの人の励みとなりますように。

 

ムーランさんのブログ 断酒を記録してみるより

blog.livedoor.jp

 

 

 

 

 

ここに来てくれたあなたへ

おつかれさまです。

断酒生活310日の栞です。

 

今、心は穏やかですか?

私は穏やかです。

趣味はありますか?

私はつらつらと思いを書くことです。

好きなことは何ですか?

私は空を見ることです。

仕事はいけてますか?

私は順調です。

悲しみや怒りに心を支配されていませんか?

私は時間をかけて解きほぐしました。

不安や恐怖に襲われてませんか?

私は音楽をイヤホンで聞いて前向きな歌詞を追いかけることに集中して振り払います。

おやつは何が好きですか?

私は甘いのだったらチョコビスケット。

でも一番好きなのはポテトチップスです。

好きな飲み物はなんですか?

私は夜はカモミールティーです。

朝は豆乳入のデカフェです。

またここにきてくれますか?

いつでも待っています。

 

おやすみなさい。

 

 

このブログに来てくれるあなたへ

こんにちは。

4月もあと一週間で終わりですね。

春は疲れがたまりやすいですね。

 

身体疲れてませんか?

心無理してませんか?

人に合わせすぎてませんか?

もし断酒をしている人で断酒疲れになってませんか?

 

頑張って生きていること、

伝わります。

そうじゃなきゃ、このブログにたどり着きませんから。

 

目を閉じて

10数えてみてください。

目を閉じるだけでも脳を休ませることができるんだそうです。

視覚からの情報をストップすることで

脳が休むんですね。

 

もうすぐGW

お休みの人も、お勤めの人も、幸せひとつ。

舞い降りますように。

 

いつもありがとうございます。

来てくださって嬉しく思っております。

画面越しから感謝を込めて。

 

断酒開始1ヶ月間のつぶやき② 15日~30日までの記録

前回の続き。断酒を始めてからのツイッターのつぶやきを抜粋したものです。

これを書いてなんになる?とふと思ったのですが、何より自分が救われていました。

二ヶ月後に迫った断酒1年を目前に、もう一度初心にかえってみる良いタイミングでもあります。

最初の頃の心もとなさ、前向きさ、不安定さ、すべてが自分にかえってきます。

懐かしいです。一生懸命まずは1ヶ月!を目指していました。

 

以下、記録抜粋。

 

断酒開始1ヶ月間のつぶやき① 2週間までの記録

断酒を始めて間もなくしてツイッターを始めた。

どうやって始めたのか記憶はおぼろげ。

自分がどんな心理状態だったのか、断酒後の離脱症状に当てはまるのはあるのかなど、今だからわかる知識と照らし合わせながら読んでみた。

驚いたのは冷静な自分で飲みたいともっと騒いでいたと思っていたらそうでもなかった。よほど底つきが堪えたんだなぁと。。体調不良な1ヶ月だったみたい。

 

以下、記録抜粋。

 

・飲まない日が4日続いている。今日も昨日と同じ様に飲みませんように。
・朝から頭がくらくらする。何かの栄養が足りてないのか、低血圧なのか。
・飲んでないのに二日酔いの時のよう。睡眠時間6時間では足りないのかな。
・夫と話し合って、節酒すればいいといってくれたけど、私はもう節酒は出来ないと思っている。

 

・飲みたいのかな。よくわからないけど、帰宅したらまずお酒飲んで家事やってそのリズムだったせいかソワソワする。

胃が痛くてもとりあえず1缶は飲んでいた。とりあえず飲む。

自宅や親戚や家族の前では泥酔することはなかった。

外で飲むと泥酔してしまう。なぜなんだろう。

 

・はじめまして。おはようございます。

断酒はまだしたことがなくて、今回意識して飲むのを止めているのは初めてです。

節酒して一杯でやめておこうというのもまだですが、おそらく無理かと。

・時期のせいなのかな。この1ヶ月本当に疲れが取れない。

体調がすぐれない時は運気も下がっているように思う。体調管理大事だな。

 

・この一週間、ずっと悔やんでも悔やみきれない愚行を回想している。

どうしてセーブできなかったんだろう、ここ数年ずっと飲みすぎないようにセーブして意識もちゃんとして帰れてたのに。

どうしてあの日は意識がなくなってしまったのか。

迷惑をかけてしまった家族を思うと情けなくて申し訳なくて、辛い。

 

・仕事終わり。昨日の帰りには飲みたいなぁなんてぼんやり思っていたけど今日は飲みたいとは思わない。

妹からのラインを読み返して、あなたのした事は父親と同じです。

という一文が胸に刺さる。散々苦しめられてきた父親と同じ事を私もしてしまったんだ。

最低だ。楽しくお酒が飲みたかっただけなのに。

 

・悲しいのは家族を傷つけてしまったこと。

もう仕事終わりの一杯にあー!美味しい!と言えないこと。上司と一緒に仕事の話交えて飲めないこと。残念。

認知行動療法をひたすらつづけていくのみ。

お酒の思い込みを書き換えて、飲まない行動を、選択をしていく。

お酒がなくても人生は素晴らしいものなんだよと細胞レベルまですりこんでいくのだ。


・おはようございます。10日目の朝です。初めて病院に行ってきます。
・アルコール依存性というには微妙なラインと言われ、安定剤をもらって帰宅中です。

お酒は飲まないにこしたことはないけど日常生活に支障のない程度ならと言われてしまい、なんとも消化不良な診察でした。
・家で飲む量は発泡酒350を1、2缶。多くて3缶。深酒はないが毎日飲んでた。

記憶がなくなるまで飲むのは数年前からずっとあり、ここ数年では年に1、2回、外で飲むときだけ。

先月母が亡くなり、DV父親や苦手な親族とコンタクトをとったあたりから不眠や疲労感、精神不安があったことを伝えた。

・いきなり断酒というよりは控える程度でいいのではという回答に戸惑った。

それに甘んじて、また失望されたり会社に迷惑かけてしまったらと思うと恐ろしい。

飲みたい気持ちもあるけど、守りたい気持ちが一番大切で飲まない選択が絶対正しい。と思う。。先生、先生ーーーー!!とりあえず薬飲もう。。

 

・おはようございます。11日目の朝です。お薬のおかげ?なのかよく寝れました😊今日は息子の療育教室です。
・療育教室終わりました。広汎性発達障害と診断を受け、この教室に通えるまでに実に半年以上かかりました。

共働きだと平日がうまく使えないのが辛いところ。

休日も療育教室で予定が埋まってしまうから、平日の疲れも取れないまま月曜になってしまう。お酒のんで乗り切っていたんだなあ。

 

・治るものだったらいいのに

 

・呑まないととても心が静かです。頭の中も静かです。この静寂が心地よくなってきました。

上がらず下がらず程よい心の定位置を探しているようで不思議な感覚です。

でもときどき物足りなくも感じます

 

・おはようございます。14日目の朝です。2週間が経ちました。

今日は、ビートルズ来日から50年経つそうです。

 

ゼロの日が来ても明日はいちかもしれないから。

ここは残しておきますね。

 

断酒をして、

いいことばかりではなかったんです。

勿論、最高の喜びもありましたし、

それは今も感じています。

 

傷つくことが

多かったんです。

 

でも、大切な断酒友達が教えてくれました。

回復途中の人は攻撃的になりやすかったり、

感情の起伏がありアンバランスな時が多いと。

 

また回復のスピードも人それぞれで、

半年で変わる人もいれば

何年かけても変わらず断酒に苦しむ人もいると。

 

 

私は今どの段階なのかはわかりません。

ただ、こうして繋がれた大切な人達のように、誰かのためになれたらと、

その思いが今は強いです。

のみすけさんのいうように、ハッピーになろう。

本当にそう思います٩(*´︶`*)۶

 

攻撃されてつらかったけれど。

少し成長。

0人の日が来ても、

明日は1人来るかもなので、

断酒してみようかなって

思う人がいるかもしれないから。

 

残しておきます。

 

今は弱い。

けど

私も強くなります。

今日も断酒を続けます。

 

明日で300日になります。

 

 

 

 

スターについて

このブログ、読む人がいなくなったら消そうと思っているのですが、

なんと、

ゼロの日ないんですねー!!

凄い(笑)

こんなに放置してるのに。

 

また近々、続きを書きます。

 

スターについて

スターは消しました。

評価されてるようで、私は辛いです。

いらないです。

この記事は1個であの記事は3個。

1個と3個の違いって何?

何となく3個が基準?なの?

その人の好みが見えてきて、その人に合わせた記事をかくようになって、書きたいこともかけなくなり、

意味なしブログになりました。

飲みたくてたまらないとかけば、スター1で、

断酒頑張ってます、飲まないって最高的なこと書けばスター3個とか。

その人の評価基準が辛かった。

どんな自分も自分でありたいのに。

なのでスターいらないです。

なのでハテナでは断酒のことしか書きません。他でのびのびかいてます。

ここは読み手ゼロ人になったらけします。

断酒をされている方の参考になるようにかいているので。

私もスター押すけど読みましたよサインにしてます。

ある人にはじゃんじゃん押してください!との言葉をいただいたので。

読みたい人が読んでくれたらそれでいいし、私のはスターはいらないのです。

 

では。

アル中病棟 アルコール依存症書籍

吾妻ひでおさん

疾走日記より、

こちらの方がより詳しくアルコール依存症について書いてあるのでこちらをお勧めします。

勉強になります。

f:id:nodrinkbookmarkdiary:20170401220147j:image

断酒備忘録その2 【1ヶ月目】

私の断酒備忘録

 

6月15日より開始

 

1ヶ月目

自責の念にかられて、とにかく反省の毎日。

断酒Twitterも開始。

妹を傷つけたこと、号泣した駅を毎日通勤で通るのでその度に胸が痛む。

(9ヶ月目でも未だに胸が痛いです)

飲みたい気持ちが強くても、我慢。

会社の飲み会も欠席で回避。

自分がしたことの大きさを鑑みて、飲まないことでしか信頼回復の道はないと言い聞かせ、それがモチベーションのメインでした。

1ヶ月目のクライマックスは出張先での飲み会!!

飲めない人の隣を即キープ。

飲めない振りをしてソフトドリンクで回避。

無事に1ヶ月目を乗り切りました。

Twitterではアイスが流行っていましたが、まだまだ甘いものへの興味は薄かったです。

炭酸水やノンアルビールをよく飲んでいました。

体重の変化、味覚の変化はありませんでした。

精神的には母が亡くなっていろいろ親族関係での揉め事にまきこまれていたので、不安定でした。

その不安定さから暗いイメージがあったみたいです。

断酒後すぐにアルコール外来のあるメンタルクリニックに通い始めました。

診断はアルコール依存症ではないけど、不安定な背景が多いので安定剤を処方されました。

夜に2錠服用。

近所のAAに参加しましたが、年齢が上すぎるのと、男性しかいなかったので、1度きりに。

頂いたメダルはお守りにしています。

断酒用語?を色々知りました。

  • スリップ
  • ブラックアウト
  • HALT
  • 断酒会
  • AA

などなど。

 

1ヶ月目を乗り切って少し自信に繋がるように。

振り返ると、実家の問題が大きかったので飲んだらまた、酷いことになるという危機意識から飲まずに済んだのかなと思いました。

もう、誰も傷つけたくない。

その一心でした。

断酒備忘録その1 飲みたいより酔いたい

このブログ、消そうかと思っていたのですが…、毎日アクセスがそこそこあるので、

せっかく来てくれた人に何だか申し訳なくて。。

アクセス有難うございます。

どうゆうルートでここにくるのかちょっと気になります^ ^

無駄足にさせてしまうのが心苦しいので。

 

私の断酒備忘録を書いておきます。

参考になるかはわかりませんが。。

 

断酒のきっかけ

友人と居酒屋で散々飲んだあと、ファミレスに移動。

デキャンタワインを頼み、そこで記憶を無くす。(ブラックアウト)

記憶が戻った時には某駅構内で号泣していた。

警備員の人になだめられ、自宅まで何とか自力で帰宅するも、その間、妹に電話をかけまくっていたため、妹からお酒を止めなければ連絡取り合うのをやめると突き放される。

「あなたは、アルコール依存症です。普通じゃない。お酒の飲み方が異常です。」

その言葉が私の断酒のきっかけとなった。(底つき)

 

普通じゃない飲み方

日中は飲まなくても平気だが、帰宅するとまずビール。

一日350㎖のビールを2〜3本程度。

家飲みはこの程度で済んでいた。

たまにワインボトル1本を一晩で飲んだり、日本酒を2.3合など、とにかく味よりアルコール度数の高いお酒を選んでいた。

そんな時はだいたい高ストレスで発散したい時。

外飲みになると帰る直前までノンストップで飲み続けていた。

味わうより、酔うためにひたすら身体にアルコールを入れていく作業のような飲み方になる。

ここまでにしておこう、というコントロールがきかなくなる。

記憶がなくなるまで飲む。

甘いお酒、度数の低いお酒は飲まない。

なので、どんどん強いお酒の耐久がついてしまうため飲みすぎに拍車がかかる。

断酒前に最後に飲んだのは、ハイボール

簡単に酔えるからよく飲んでいた。

辛いこと、嫌なこと、腹立つこと、逃げたいこと。

酔うことで思考を鈍らせて、その日をやり過ごす。

お酒を美味しいと感じることはあまりなかった。

ビールは好きだったけれど他のアルコールはすべて酔うための道具だった。

飲みたい、より、酔いたい。

この感覚が既に普通飲酒から外れていた。

でも当時はそれを知ったところで飲むことをやめなかっただろう。

そんなのどうだってよかった。

自分を癒せるのはお酒しかない。

そう思っているうちは何を言われようがやめる理由なんてない。

そんな飲み方を10年以上続けていた。

 

失ったもの

信用、信頼

友人

時間

お金

感受性

自信

自己肯定感

体力

知力

 

体調

常に身体のどこかしらが不調

慢性胃炎

頭痛

二日酔い

寝不足

むくみ

肥満

耳鳴り

記憶力低下

疲労感

 

メンタル

常に身体の不調があるため、イライラしやすく、余裕がなかった。

また常に怒りが身体中にはびこっている感覚。

仕事もミスが多かったし、改善策なんて考えることなく、常に運が悪いから、頭が悪いから、何かしらに理由をつけては飲んでいた。

努力、改善、工夫なんてものとは無縁だった。

前向きな思考はあまり無かった。

疲れていたから余計だったと思う。

 

以上、

断酒備忘録その1でした。

その2はまた様子を見て書きますね。